Home > Archives > 2007-02-25

2007-02-25

食い意地

高校時代の体育の授業で


バスケットボールをして時の話なのですが、


なんと我がクラスには、女の子が一人しか居ませんでした。


体育のときはとても困るんですよね。


2人二組でストレッチをするにしても、柔道をやるにしても・・・。


そして、バスケやサッカーをやるにしても、


どこのチームに入るのか。


往々にして、たかが体育の授業でも勝負となると


熱が入るもので、勝負事にはやはり勝ちたいのです。


で、その女の子がまた動かないんです。


なので、可愛そうですが、戦力にはならないとの見方が強かった女の子「順子」さん。


そして、そんな順子さんを、見事引き受けることになった我がチーム。


3,4ヶ月間は、体育はバスケが続きます。


何試合も負けが続き、順子さんも自ゴールの下で仁王立ち。


見るに見かねた先生が出した苦肉の策。


「順子のゴールは10点」




それから我がチームは変わりました。


ボールを持ったら、順子にパス。


我がチームのバスケは、まさにドッジボール。




「順子~~~~~~!」


段々熱がこもり


「じゅんこぉおおぉぉ~~~~~」




弾丸パスが飛び交うコート。


もちろんそんなパスを、仁王立ちクイーンが取れるはずが無いんです。


とにかくボールを持ったらシュート!と順子さんに叩き込んでおいたのですが、


あるとき、何をとちくるったのか順子がボールをインターセプト!


「明日に向かって撃て~~!


じゅんこぉおおおおぉぉお~!」





と、ボールを持った順子が振り向きざまにシュート!!


大きく弧を描いたボールは、ゴールへと突き刺さる!







自軍のゴールへ!







結局自分たちでゴールしたほうが早いと気づいたときには、


もうバスケの授業は終わっていました・・・・・・。


私はバスケが苦手で、足はそこそこ速かったのですが、


ドリブルをして、ゴールへ突き進むと、止まれないんです・・・・。


ボールを持ったまま、体育館の壁に衝突したこと5回。


内一回は、即刻病院送りでした(笑)




そんな私の血を引いているかのような、我が娘の行動。










馬鹿ですね・・・(笑)










↓ぜひ、ポチッ


画像 にほんブログ村 うさぎブログへ 



Home > Archives > 2007-02-25

カテゴリー
アーカイブ
うさぎブログ
うさぎのハーネス
4コマまんが
タグでし
こうこく
メール

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

RSS Feed

Return to page top